FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
手もメンテナンスを
今日は手のメンテナンスについてのワンポイントアドバイス
腰や肩の痛みや凝りにおいてはストレッチや体操をしますよね。それと同じように手もストレッチや体操が必要なんです。特にデスクワークでパソコンを使う方、書き物の多い方、重たい物を抱えることが多い方など。そういう方は何かしら手の症状を持っていることが多いです。痛みだったり、しびれだったり、こわばりだったり。これは手首にある手根管というトンネルの中を通る腱や神経、血管が圧迫されて起こることが原因のひとつにあります。それを予防するためにも自分でケアをすることが重要なんです。

ざっくり言うと「手が閉じてる」ことが多いんです。


手首の少し先に屈筋支帯という膜がありますのでその部分を外に開くようなイメージでマッサージします。この部分が閉じてくると症状が出やすくなりますので。

ただ正直症状の改善ということを考えるとこれだけでは難しいことが多いです。骨間筋という部分なども必要になってきたり、前腕の筋だったり、その他にも・・・
なんであくまでもケアという部分で参考に

体操としてはいわゆる「パー」が 大事です。親指と小指をできるだけ遠くに引き離すイメージで。指もしっかり開いて

なかなか難しい部分でもありますのでもし症状がある方は早目に整形外科へ

イメージしやすいように参考に。


写真〈クリニカルマッサージ〉より

屈筋支帯という部分を広げるイメージで。写真の矢印は親指の筋肉を介して広げてます。
リハビリ室よりワンポイントアドバイス
スポンサーサイト


整形外科の… | 00:37:18 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。